国府台日記

国府台日記一覧

3月3日に無事高3生が卒業式を迎え、一気に春が近づいてきました。
暖かな風が図書館にも春の訪れを知らせてくれています。

年度末を迎え、みなさんは今年一年をどのように振り返るでしょうか。
いろいろあった一年間、楽しかったことも辛かったことも、きっとみなさんの糧となっているはずです。

しかし、どんなに充実していたとしても、過去のことはいつか忘れてしまうかもしれない。
忘れたくないとき、人はどうすればいいのか。
そのために、ときどき過去を振り返る必要があるのです。

さて、みなさんは7年前の3月11日のことを覚えていますか?
日本だけでなく、世界中を悲しみで包んだ、あの東日本大震災。
みなさんは、あの日、あの時、どこで何をしていたでしょうか。

3月の季節展示のテーマは「3.11 東日本大震災」。
副題を「あの日を忘れない。」と設定して、
図書館に来たみなさんに、あの日のことを思い出してほしいという願いをこめました。
様々な視点を通した震災当日からの記録、たくさんの人の復興に向けた活動を記したエッセイ、震災をテーマに含んだ小説…
集めてみると、予想以上にたくさんの書籍と出逢うことができました。

 

図書館に来た際にはぜひ立ち止まって一緒に考えてみませんか。
あの日からもう7年?まだ7年?
「あの日を忘れない」という復興支援もあるのかもしれません。

続きを読む

2018/03/07

卒業式

3月3日高等部の卒業式が行われました。今年は普通科、英語科を合わせて317名が卒業しました。おめでとうございます!!卒業生の皆さんはこの日を境に新しい世界に旅立ちます。本校で学んだことを忘れずに、それぞれの夢に向かって羽ばたいていってください。

 

 本校の卒業式では伝統的に学院長から一人ひとり卒業証書が手渡されます。

 

美術デザインコースの卒業生が黒板アートを描きました。

続きを読む

1月27日美術デザインコースの高1向けに特別授業として「型染(かたぞめ)」体験実習をしました。講師として女子美術大学准教授の荒姿寿(あら しず)先生にお越しいただきました。型染は型紙を彫りそれを使用して布に色を染める技術です。生徒はそれぞれ好きな型紙を彫り、手ぬぐいを染めました。

続きを読む