国府台日記

国府台日記一覧

9月30日(土)、10月1日(日)に静岡県浜松市(浜松アクトシティ)で行われた「第72回全日本合唱コンクール関東大会」において合唱部高校生、中学生共に金賞を受賞しました。

中学生はさらに最優秀賞(支部長賞)を合わせて受賞し、10月29日(日)大阪で行われる全国大会に出場が決定しました。

 

大会1日目に行われた高校部門Aグループでは32人の部員が出場し、課題曲の女声合唱とピアノのための犀星緋歌から「朱の小箱」(室生犀星作詩 鈴木輝昭作曲)と自由曲、こどものための合唱組曲「オデコのこいつ」から“ゆめ”(蓬莱泰三作詩、三善 晃作曲)を演奏しました。

「朱の小箱」では、憧れの少女に対する少年の儚く淡い恋心を歌った曲ですが、高校生部員は無伴奏で詩の情感を大切にしながらその色彩豊かな曲調の変化を見事に表現することが出来ました。また、自由曲に選んだ“ゆめ”は一人の男の子が戦争飢餓を追体験していくストーリーで構成されており、不協和音と変拍子の連続に苦悩しながら、その極限の世界を表現しようと部員が一丸となって取り組み、本番の舞台ではピアニストの渡辺研一郎先生のピアノとのアンサンブルも見事に決まり審査員の先生方からも好評をいただき金賞(総合第3位)を受賞しました。

 

2日目の中学校部門では中学生部員38名が出場し、女声合唱のための組曲 月夜三唱から「月夜の浜辺」と「月の光その2」(中原中也作詩 三善 晃作曲)の二曲を披露、幼いわが子を失った詩人中原中也の深い悲しみを幻想的なハーモニーと美しいピアノの音色で会場で聴いてくださった方々の心にしみじみと届けることが出来たようです。

中学生は全国大会に向けてさらに一人一人が音楽と向き合い、その表現を深めていこうと日々練習を積み重ねています。高校生部員にアドヴァイスを受けられるのも大きな強みです!

中学生の全国の舞台での健闘にご期待ください!!

IMG_2938

IMG_2937

IMG_2939

幕2

続きを読む

晴天に恵まれた2日間、展示・野外ステージ・寿光殿公演・有志・かき氷などなど、生徒たちは一生懸命でした。

 

来校していただいたみなさんの協力もあり、今年も楽しい学院祭になりました。

 

学院祭の様子を写真で振り返ってみたいと思います。

 

寿光殿公演

スピーチコンテスト

スピーチコンテスト

ダンス部

ダンス部

オーケストラ部

オーケストラ部

吹奏楽部

吹奏楽

箏曲

箏曲

野外ステージ

屋外ステージ

書道パフォーマンス

書道パフォーマンス

かき氷

テニス部

園芸部

園芸部

ボランティア部

ボランティア部

ビオトープ愛好会

ビオトープ研究会

美術デザインコース

デザイン

タイピング&パソコン

タイピング&PC

文学部

文学部

仏教研究会

仏教研究会

化学部

化学部

放送委員会・記念館

記念館

夏休み自由作品展示

自由作品

百人一首競技カルタ部

百人一首

茶道部

茶道部2

華道・草月流

草月流

5-5・6・7組有志

有志6

5-2有志

有志5

4-2有志

有志4

5-8有志

有志1

5-1有志

有志2

キャンパスツアー

キャンパスツアー2

たくさん写真を載せたましたが、すべて紹介することができませんでした。

載せられなかったクラブ・有志・その他の団体のみなさんごめんなさい。

続きを読む