国府台日記

国府台日記一覧

3月25日(金)学校のご近所にあるケアハウス(プレジールヴィラ市川)に合唱部がボランティアコンサートに伺いました。

IMG_2170

 

こちらに伺うのは今年で3回目。毎年お年寄りを励ますつもりが励まされる私達ですが、この日も沢山の拍手やお言葉を頂き、歌う事の意味を知る貴重な経験をさせて頂きました。

学生指揮と学生ピア二ストデビューとなった合唱部の愛唱歌でもある「青い鳥」に始まり、リクエストして頂いた今年度のコンクール曲「夕べの歌」(コダーイ作曲)や「Gloria」(ランブレヒツ作曲)を歌わせて頂いた後、「ふるさとの四季」(源田俊一郎編曲)では故郷、春の小川、朧月夜、鯉のぼり…などの日本の歌のメドレーを入居者の皆様も自然に口ずさんで下さり、生徒達も感無量だったようです。

IMG_2162

 

続く「For the beauty of the earth」(ラター作曲)、「くちびるに歌を」(ツェーザー・フライシュレン詩、信長貴富作曲)は英語やドイツ語の発音に苦労しながら練習を重ねた作品ですが、その成果を発揮出来皆様から惜しみない拍手をいただきました。最後は、こうして歌で巡り会えた御縁に感謝して、中島みゆきの「糸」を歌わせて頂きました。

また、合唱の後は手作りの折り紙をお一人お一人にお渡しし、入居者の皆様と触れ合う貴重な時間を過ごさせて頂きました。

IMG_2172

「またきっと来てよ!それまで長生きするからね!」などのお声かけを頂き、むしろ歌う側が大いに励まされるひとときとなりました。

終了後、玄関横でのミーティングでは感極まり涙が止まらない部員も…

また来年伺うまで、より心に響く歌声を目指して精進して参りたいと思います。

 

続きを読む