日記

国府台日記一覧

3月19日(火)、春の予感を感じさせる晴天の下、小学部第54回・中学部第72回卒業式を行い、小学部は79名が卒業しました。

6歳から12歳という大きく成長する時期を過ごした小学部での6年間を卒業するという大きな区切りの日、児童も保護者も感慨深い様子でした。

4月からは中学生となり、小学部で培ってきた力を存分に発揮して、大きな希望に向かっていくことを願っています。

卒業おめでとうございます!!

続きを読む

理想教育財団主催の全国「はがき新聞ひろば」の最終審査で、応募総数11,759点の中で、小学部の6年生濱田真優さんの作品が頂点に立ちました。沖縄修学旅行を題材としたはがき新聞は審査員の目をくぎ付けにしたようです。一次審査で1,774点に絞られ、二次審査で500点、最終審査で「理想教育財団賞」をはじめとした各賞、また入賞31点が選ばれました。

 

この入賞に5年生の湯木理央さんの算数新聞も選ばれ、3月6日に理想教育財団の役員の方が直接表彰しますということで来校されました。「いずれも大変素晴らしい作品です。これからも、自分の思いを新聞に表現してください。」と温かいお褒めの声をいただきました。

続きを読む

高校1年の木村凪子さんが、スキー高校女子のスラローム、ジャイアントスラロームで1月の千葉県インターハイ、国体と両種目とも優勝しました。2月にも関東大会、秋田での全国インターハイ、札幌での国体と、千葉県代表として大活躍でした。
文武両道にすぐれ、学業にスキーのトレーニングにと日々充実した毎日を送っています。

続きを読む

3月7日(木)に『ひな祭り・6年生を送る会』がありました。

第1部は、『ひな祭り集会』。

クラス毎に、工夫を凝らして衣装の飾りつけをしたものを代表者が身にまとって壇上に上がり、国府台女子学院のひな壇を作りました。(12クラスあるので、4人官女、6人囃子になっています。)

クラブ発表では、アンサンブルクラブ、リズムクラブ、民舞クラブによるクラブ発表がありました。この日のために、どのクラブも放課後の練習を頑張ってきました。どのクラブも大変立派で、会場からは温かい拍手が送られました。

 

 

第2部は、『6年生を送る会』。

1年生に手を引かれて、6年生の入場です。そのあと、卒業生の紹介、入学したころの映像…と会は進みました。

そして、在校生と6年生による『この星に生まれて』の合唱。

在校生は今までお世話になった6年生へ“ありがとう”の気持ちが伝わるように毎朝練習を頑張りました。そこに、6年生のハーモニーが重なり、会場は最高の盛り上がりとなりました。

最後は、6年生から在校生へ『ありがとう』の合唱でお礼です。

1部、2部ともにとても素晴らしい会でした。この日のために準備を頑張ってくれた実行委員の皆さんもお疲れさまでした。

 

続きを読む

2019/03/03

卒業式

3月3日(日)本日高等部の卒業式がありました。
普通科は第70回、英語科は第33回になります。 合計318名の生徒が卒業しました。
この卒業生を加えて大正15年の創立以来24,741名の卒業生を送り出したことになります。

第一部では厳粛な雰囲気の中、学院長から卒業生一人一人に卒業証書が手渡されました。

第二部では学院長の式辞や優秀な成績を修めた生徒への表彰なども行われました。

卒業生の皆さんはこの日を境に新しい道を歩み出します。本校で学んだことを忘れず夢に向かって頑張ってください。 そしてたまには学校に遊びに来て、さらに成長した姿を見せてください。

卒業おめでとうございます。

続きを読む