日記

国府台日記一覧

7月7日(土)に七夕集会を行いました。毎年恒例の児童会行事、子どもたちはもちろん、ご父兄の方々も楽しみにしている行事の一つです。また、今年も、たくさんの受験希望者の方もお越しくださいました。

クラスでの願い事を言った後に、学年毎に歌の発表がありました。低学年は元気でかわいらしい歌声が、そして高学年になるにつれ、美しいハーモニーとともに心に響く合唱を聴くことができました。最後に合唱部が圧巻の歌声でNHK合唱コンクールの曲を披露しました。

学年の発表の後は、児童会オリジナルの七夕の劇。少しずつ、今の時代を反映して描かれた脚本は見ごたえ十分です。劇の途中に盛り込まれた『アブラハム』のダンスはとても盛り上がりました。

さて、今年は織姫と彦星は会えたのでしょうか??

…みんなの願いが叶いますように☆☆☆

続きを読む

6月21日、6年生は校外学習で鎌倉へ出かけました。ちょうど紫陽花が満開のころで、鎌倉には多くの観光客が訪れていました。

長谷寺の見晴台からは由比ガ浜がきれいに見えて、児童たちも感動していました。高徳院では、体内めぐりをしたり、大仏の前で写真を撮ったりしました。山と海に囲まれて起伏の多い鎌倉の町を歩いていると、源頼朝がこの地に幕府を開いた意味がよく理解できました。

最後に、鶴岡八幡宮へ向かいました。広い境内の中を散策し、源頼朝が築いた鎌倉時代の栄華(えいが)も感じ取ることができました。

 

 

続きを読む

7月26、27日美術デザインコースの希望者で研修旅行に行きました。

袋田の滝、茨城県天心記念五浦美術館、六角堂、アクアマリンふくしまに行きました。1泊2日でしたが内容の濃い旅行になりました。

続きを読む

7月14日(土)、4年生はモバイルプラネタリウム(移動式プラネタリウム)を使い、『月と星』の授業を行いました。

モバイルプラネタリウムは、空気でドームを膨らませ、内側に月や星を映し出すものです。

中に入るときには、ドームがしぼまないように、素早く中に入ります。

 

月が見える位置が日々ずれていくことや、今(7月に)見える星や星座についてなど、プラネタリウムを使い、わかりやすく説明していただきました。

最後の質問コーナーでは、『本当に地球は回っているのか』や『冥王星はなぜ太陽系の惑星から外れたのか』など、子どもたちが日々疑問に思っていることに答えていただきました。

『月と星』の授業は、2学期に本格的に授業に入ります。

時間のある夏休みに、月の動き方についてや、今回教えていただいた「北極星」「北斗七星」「さそり座」などの星や星座などの観察をする時間があると、いいですね!

続きを読む

本校では月に1・2回、火曜日の朝に“青空朝会”を行っています。1回は学校主催で副学院長のお話や生活についてのお話を聞きます。

もう1回は児童会主催で、委員会やクラブからの連絡や、児童会によるイベントが企画されます。

1学期は児童会の企画により、全校で「しっぽ取りゲーム」をしました。全校児童と教職員がリボンのしっぽを取り合います。自分よりも上の学年のしっぽをとることができ、高学年にいくほど、取ることは難しく、取られてしまうことが多くなります。

低学年の子供たちは喜々としてお姉さんたちを追いかけ、お姉さんたちは逃げたり、隠したりに必死です。先生方も一生懸命に逃げ回っていました。

全校で元気に校庭を走り回って、追いかけっこをし、とても楽しい企画でした。

続きを読む