日記

国府台日記一覧

スキー学校4日目の夜は「クリスマス会」。クリスマスイブの夜を家族と離れて過ごす子ども達。少しでもクリスマス気分をといつも企画している。
今日は、文字通りの「ホワイトクリスマス」で気分は最高潮。
01
子ども達はレク係の準備してくれたゲームを楽しみました。
02

03

04

06

07

08

最後はチビッ子サンタも登場して、最高の盛り上がりでした。
10

09

続きを読む

スキー学校4日目、昨夕から降り続いた雪のおかげで、ゲレンデは一面の銀世界に。新雪の上を気持ちよく滑りました。
午前中に東舘山ツアーを予定していましたが、雪はまだ降り続き、天気予報では午後には晴れるということだったので、急遽予定を変更して、午前中は班ごとの練習、午後から東舘山山頂に行くことに。
午前練習では、みんな上達した上に雪の状態もとても良かったので、班単独で東舘山に行く班や西舘山に足を延ばす班も。
12

11

午後はゴンドラに乗って標高2,000mの東舘山山頂へ。山頂では楽しみにしていたアイスクリームを食べ、みんな笑顔でした。そして林間コースを滑ってホテルに向かいます。

08

07

05

06

03

04

01

02

09

初心者コースとは銘打っていますが、途中途中上級や中級といえるような難所もありましたが、コンディションのあまりよくない中でしっかり練習してきた成果で、みんなとても上手に滑り降りました。インストラクターの方々も子ども達の頑張りを大絶賛してくださいました。

13

14

10
閉校式では代表が終了証をいただき、スキー学校の練習が終了しました。大きなけがもなく無事に終えることができよかったと思います。

続きを読む

スキー学校3日目、朝6時に目が覚めると外は雨に、そのうえ雨のせいでゲレンデはブッシュがたくさん見えるし、猿の群れまで出てきてしまって・・・不安のスタートでした。
でも朝食後、練習を始めるころには雨はやみ、曇り空に。なんとか練習ができました。
07

05

昨日までに大分上達した子ども達はブッシュの見えるゲレンデにめげることもなく、元気に練習開始。初挑戦の通称「七曲」と呼ばれる難所にも挑んでいきました。一昨日まで初心者だった子ども達が危なげなく滑る姿には感動を覚えました。
経験者班はすごいスピードで爽快に滑っていました。

01

02

午後はちらちらと雪が舞い始め、気温も下がりましたが、子ども達は〝おしるこ休憩”もいらないというほど、滑る意欲にあふれていました。結局どの班も〝おしるこ”はおいしくいただきましがた・・・
03

04

3日目の練習もけがもなくみんな元気に一日を滑り終えました。

夕食は焼肉。ホテルの方達に焼いてもらい、会話を楽しみながら美味しくいただきました。

08

09

10

11

続きを読む

スキー学校2日目、朝の気温は6℃。志賀高原ブナ平にしては高い気温、いい天気にはなりそうだけどスキーをするにはちょっと暖かすぎるか…

2日目からはインストラクターの指導による練習。開校式の後、インストラクターを交えての集合写真。今回はホテルをバックにパチリ。みんなスキーウェアとスキー帽がよく似合っていました。

01

02

練習も本格的になり、昨日は宿舎前だけだった初心者の班も。ゲレンデの真ん中へ。

07

09

お昼は班ごとに牛丼をおいしくいただきました。

08

06

午後には活動範囲も格段に広がって、リフトに乗ったり、下のゲレンデを滑ったり・・・休憩の時には雪遊びをする班も。
03

05

04

みんな上達し、今が一番楽しいときです。。

続きを読む

12月21日5年生はスキー学校で志賀高原へ。

東京駅に集合して、新幹線に乗って一路長野へ。長野からはバスで志賀高原に。
0102
長野駅を降りても、最近スノーモンキーで有名な上林まできてもほとんど雪がなくて不安でしたが、上林を過ぎると路肩に雪が見え始め、サンバレースキー場まで来ると真っ白なまるで別世界になりました。空は快晴で、バスから見えた北アルプスは息を飲む絶景で、子ども達も歓声を上げていました。
0108
0104

0103

0105
宿に着くと早速練習。
雪は少し少ないですが、誰も踏んでいないゲレンデはとても気持ちよかったです。
初めてスキーを履く子ども達も一所懸命に練習していました。
0107

0106
0101

続きを読む