日記

国府台日記一覧

最終日も天気に恵まれました。
2日間お世話になったホテルともお別れ。バスは最終日の目的地まかいの牧場へ。
 
まかいの牧場では陶芸体験をしました。
みんな楽しそうに思い思いの作品を作り上げていました。
もうすぐ高原学校も終わりに近づいています。

続きを読む

朝から気温が上昇したため、予定を変更し、午前中は野鳥の森から風穴までハイキングをし、午後は湧水の森水族館、富士山世界遺産センターを見学しました。
ハイキングコースは平坦なところがほとんどなく、アップダウンが小刻みに続きます。木の根や溶岩の跡がそこかしこにあり、歩きにくそうにしていましたが、それでも子供たちは、歌を歌ったり、道に生えている植物やキノコを観察しながら、楽しんでいました。
風穴では、暑い夏が一転、上着を羽織っても寒さを感じるほど。外の暑さも洞窟の中の寒さもどちらも自然が作り出したもの。子供たちはその温度の違いにとても驚いていました。
午後は湧水の森水族館と富士山世界遺産センターを見学し、ホテルに戻るとスイカが待っていました。冷えた甘いスイカに子供たちの笑顔が溢れていました。

続きを読む

4年生は7月21日(土)から2泊3日の予定で、山梨県河口湖町(西湖)に高原学校に出かけました。
東京駅に集合し、子供たちは新幹線に乗り込み、一路新富士駅へ。バスに乗り換えて第一の目的地松下牧場へ。まずは酪農体験です。
普段はなかなかできない乳絞りや牛舎の掃除、そして、バター作りを体験しました。そして、食のありがたみや、その食はひとつの命からいただいていることを学びました。
ホテルに到着し、入校式を終えると、飯盒炊爨です。
野菜を切ったり、ご飯を飯盒で炊いたりして仲間と協力してカレーを作りました。一生懸命自分たちで作ったカレーは、おうちのカレーとはまた違い、とてもおいしかったようです。
夜のキャンプファイヤーは、歌やフォークダンスで盛り上がり、最後に花火をしました。

続きを読む

本日高校2年生を対象に分野別出張授業が行われました。首都圏の様々な大学が研究分野別に出張授業を行い、生徒たちは興味のある分野の授業を受け、将来の進路の参考にします。暑い中、みんな熱心に授業を受けていました。

 

続きを読む

1学期末は、仏教行事として盂蘭盆会を行います。

皆さんは「お盆」というものはどのようなものかご存知ですか?

そもそもはお釈迦さまの弟子の目連が、亡き母親のために、修行の終わったお坊さんにお世話をした所、母は救われて成仏したというお話があります。このお話が中国や日本に受け入れられ広まりました。

また、お盆には、亡くなった方々が浄土から戻ってくるといわれて、日本の伝統行事になっています。

浄土真宗では、亡くなった方々はすぐに仏様になってこの世に還ってきて常に私達に働きかけてくれているという考えがあり、亡くなった方々の霊を供養するためにお念仏をあげることはありません。

ですので、特別に亡くなった方々をお迎えするということはせずに、仏様の教えに出会えたことを喜ぶ行事として行われます。

生徒たちは学校で行う読経の中では一番長い「仏説阿弥陀経」を熱心におつとめしました

続きを読む