国府台日記

国府台日記一覧

1階昇降口に、おひな様を飾りました。

本校は女子校ということで、毎年、児童の健やかな成長を祈り、おひな様を飾っています。現在のおひな様は、第47回(平成24年3月)の卒業生が卒業記念に寄贈してくれた物です。

 

昇降口に飾られたおひな様に、子供たちは大喜びです。

続きを読む

2月5日(火)六年 社会科見学

小学部最後の社会科見学は、東京江戸博物館と国会議事堂に行ってきました。

東京江戸博物館では、江戸の町づくりの様子や経済高度成長期の日本の様子を見

学することができ、子どもたちも、見るものすべてが珍しく感じ一生懸命メモを

取っていました。

国会議事堂では参議院の本会議場を見ました。その後、天皇陛

下の休憩所や中央広間の銅像のところへ案内され四つ目の台座についても、話

を聞くことができました。

参議院の体験プログラムでは、一つの法案が可決されるまでの流れを疑似体験しました。子どもたちが委員会のメンバー、衆議院議員、厚生労働大臣などに役割分担され、とても興味深く学習することができました。これらの見学を通して、今後の歴史の学習に大いに役立てたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

2月6日(火)、5年生は、図工の時間に、市川市考古博物館の学芸員による、「縄文土器づくり」の学習を行いました。縄文時代の衣食住等の生活の様子をはじめ、アクセサリーを身につけることが流行した話など、現代の生活とつながることも教わりました。

 

 

また、現在の千葉県が、縄文期にはほぼ四方が海に囲まれていたためであるため、本県に全国の貝塚約2300か所のうち3分の1ほどに当たる約700か所の貝塚があることなどについても分かりやすくお話していただきました。

 

 

そして、当時の土器がどのようにして作られ、生活に役立っていたのかなど、6年生での歴史学習に生かされると思います。

 

続きを読む

3年生は、1月16日に市川歴史博物館に行きました。

昔の暮らし体験学習プログラムに参加し、「昔の道具に触ってみよう」「市川の昔にタイムスリップ」「昔のあかり体験」の3つの体験をさせていただきました。

どれも子供たちにとって驚きの連続で、みんな大喜びで、洗濯物を干したり、洗濯機を動かしてみたりなど、昔の道具にたくさん触っていました。昔の人々の知恵と工夫をたくさん学ぶことのできた社会科見学でした。

続きを読む

1月10日、校内書初大会を行いました。5・6年、1・2年、3・4年の2学年4クラスずつ、アリーナ3(小学部体育館)に集合し書道道具を広げました。

 

 

アリーナ3はとても寒かったのですが、子供たちは、日頃の練習の成果を発揮しようと、各学年の課題の文字を5枚、心を落ち着かせて書いていました。

 

1年 もち

 

2年 みどり

 

3年 花びら

 

4年 さくら草

 

5年 日本ばれ

 

6年 千代の春

 

できあがった全児童の作品は『校内書初展』として1月16日(火)より1月31日(木)まで、校内に掲示します。

 

なお、同じ期間に『年賀状版画コンクール(3~6年生)・絵手紙展(1・2年生)』も開催しております。

ぜひ足をお運びください。

続きを読む